University of Sussex/ サセックス大学 留学日記 2017/18

University of SussexのMA Gender Violence Conflictに2017/18で在学している間の生活の記録、またその準備について書き連ねるブログです。

イギリスでの全授業を終えて〜このMAをやった意味はなんだったのか〜

みなさんこんにちは。更新に時間が空いていてすみません。

随分昔のことになりますが、イギリスで受ける全ての授業が5月に終了、エッセイを書く期間を経て今は夏休み、dissertationを書く期間に突入しています。

授業がなく比較的ゆとりがあるので、この修士課程に進んだ意味を問い直す日々です。総合的に考えて、確実にここに来てよかった!と思える時間だったのですが、その理由は複数。

1. 出会った人たち

どうしても日本ではマイナーな分野になってしまう「ジェンダー」や「開発」。その分野に関心を持っている、世界中から集まった仲間と出会えたことは、自分の中で大きな救いとなりました。私自身、日本の学部課程でも仲間には恵まれていましたが、自分の学問的関心とぴったり合う人とは巡り会えませんでした。しかし、ここでは、似通った分野に関心を持つ(そして経験を積んで来た)人々と語り合うことができます。彼ら・彼女らの存在によって、私は孤独から解放されたような気がします。そして、私よりも人生経験が豊富な人々に囲まれることによって、人生相談や的確なアドバイスを受けることができ、私の方向性も定まったような気がします。また、私のスーパーバイザーはとてもラフな人で、オフィスアワーも家の近くのカフェを指定しておしゃべりをする感じなのですが、彼女もペーパーのアドバイスをくれるだけでなく、私にとって人生のメンターのような存在です。就職先について悩んでいた時、そして人間関係に悩んでいた時、彼女は静かに手を差し伸べてくれました。ここで出会った人々は間違いなく一生の宝物です。

 

2. 授業

このMAは、私に新たな視野を与えてくれたように思います。これまで国際関係学専攻だったこともあり、得意なのは大枠を掴むこと、マクロ的な視点で物事を見ることでした。しかし、このMAで求められたのは、細部に注目すること。メインストリームの学問であれば「誤差」として処理されてしまいがちな事象を綿密に分析することでした。関わった先生方も人類学や文学のdepartmentの方も多く、今まで触れたことのない分野の授業をたくさん経験しました。物事を見るレンズは多い方が思考に深みが出る、ということを痛感しています(今から考えれば学部時代の卒論のなんと浅いこと....)。

 

3. サセックスのキャンパス

サセックスはロンドンには程遠い田舎ですが、自然が綺麗で、常に私の思考をクリアにしてくれます。夜に散歩してみると小動物に会ったり、昼でも木々や花々が迎えてくれます。なんとなくあらゆることに疲れていた私にとって、このキャンパスで過ごした1年間は最高に贅沢な時間でした。

 

といっても、まだdissertationが終わっていないので、完全にMAが終わったとは言えません。毎日キャンパスでパソコンに向かい合う日々です。ただ、故郷に帰るコースメイトたちと別れるたびに寂しさが募っていきます。また卒業式で会えるといいな!

 

10月からは東京で働くことになりました。このindustryとはお別れですが、自主的にボランティアで関わっていけたら、と考えています。

 

イギリス留学中の就活

イギリスに留学、しかも修士課程に進学する学生の一番の不安(ではないかもしれないけれども、重大な関心事の1つ)は、就職活動ではないでしょうか。確かに、日本での就職を考えている場合、日本にいる学生と比較して情報を手に入れることが難しく、不安に感じてしまいます。ただ、この記事の目的は、「海外にいても就職活動が十分にできるチャンスがある!(ただし計画的に物事を進めれば)」ということです。心配しないで!笑

<目次>

  1. 就職活動で必要なこと
  2. 海外大生の就活の機会
  3. 使えるリソース
  4. 考えておくべきこと

 

続きを読む

イギリスの料理はまずい??イギリス3週間目の実感

みなさんこんにちは!イギリス・ブライトンで大学院生活をスタートさせてから早くも3週間が経とうとしています。

イギリスに来る前に、よく周りの人に言われたのが「イギリスってご飯美味しくないんでしょ?」という話です。実際どうなのか、内心ビクビクしてイギリスに来ました。では、これまでの私の感想はと言うと.....

続きを読む

イギリスの大学院の授業ー日本の授業と全然違う

みなさんこんにちは。今回は、イギリスの大学院の授業について書こうと思います。授業が始まって2週間、徐々に日本の大学の授業との違いにも慣れてきたところです。

さて、イギリスの大学院の授業というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか?常に論文を書く?それとも大教室で授業を受ける??

コースによってもまちまちなので、イギリスの大学院のコースの仕組みから見ていきましょう。

続きを読む

早速異文化体験!!Freshers weekとはなんだ??

長い間更新が途絶えていてごめんなさい!とうとうイギリスに9月16日に入国し、イギリスでの大学院生活がスタートしました。

最近のブライトンは太陽がよく出ていて、覚悟していたよりは気候も良いです。

では、イギリスに到着してから今までの活動を振り返ってみましょう。

続きを読む

渡航前に感じる若干の不安

渡航前。9月16日に日本を発つので、あと1ヶ月を切りました。

6月から働かせてもらっていたバイト先ともそろそろお別れ。会う友達とは「次いつ会えるかわからないね」みたいな会話が飛び出す。分かってはいたけど、いつもどこか寂しさを覚えます。

大学から来るメール。Freshers Week。楽しそう。ただ友達もいない状態でそのイベントに溶け込めるのか。また不安になる。

ダメですね、ネガティブになってしまっていて。

別の文化に飛び込んでいける、そして勉強したいことを思う存分勉強する。そんな機会が目の前にあるのに、不安になって怖がってばかりなんて。情けない。

この不安を払拭するために、Brightonの楽しそうな動画をいっぱい見ようと思います...

UKビザはつらいよ

まだ渡航前の今だからこそ覚えていられる留学準備についてまとめている昨今、今日はUKビザについて。

 

イギリスの学校に進学する場合は、Student Visa (大学・大学院への長期留学であればTier 4 Visa)を取得しなくてはいけません。かつてアメリカのビザ取得もやったことはありましたが、それに比べて断然情報量が少なく、かつ不親切なのがUK Visaだと感じました... 英語が分かったとしても、事前にしっかり調べなくては厳しいと思われます。色々な要件があるし。。。

 

ビザを申請する前に必要な手順

①大学側からCAS(Confirmation of Acceptance for Studies)の発行通知を受け取る

→ここの情報はVisa Applicationで転記するものばかりなので、誤りがないかをよく確認する。CASに記載されている番号もVisa申請には必要。

②資金証明を用意する

the most common reason for refusal is finances. You need to show evidence of your tuition fee plus £1015 per month (up to a maximum of 9 months = £9135), in your bank account for a 28 day period. 

 これは大学側から送られてきたメールなのですが、授業料+月1015ポンド(9ヶ月分)の生活費(maintainance fee)が28日間自分の(もしくは保護者の)銀行口座に入っていることをビザ申請の際に証明する必要が出てくることがあります。ただし、日本は基本的にこの証明を免除されている国です。「出してください」と言われない限り、必要はありませんが、念のために用意しておくべきです。ちなみに、入国の際にも提示を求められることがあるようです。

③申請の書き方をしっかり確認しておく!!

これが一番大事かもしれません。申請は、一度submitしてしまったらオンライン上から修正ができません。Application Centreにプリントアウトしたものを持っていくのですが、そこで手書きで修正することになります(詳しくは後述)。ただ、これは心臓によろしくないので、事前に申請の書き方をしっかり確認しておくべきです。エージェントにビザ申請サポートを頼むのも一つの手段かもしれません。(が、私は一人でやってビザが無事に取れたので、以下でやったことを紹介します。)

 

【ついにビザ申請!!】

申請サイト でアカウントを作成し、申請開始です。

②Application Form(VAF9)をサクサク埋めていきます。一番最新かつ分かりやすいと思った解説は、このサイトです。ただ、毎年何かしらビザのシステムには変更があるらしいので、常に最新情報をチェックするようにしてください。

eleisoninedinburgh.hatenadiary.com

③BRP Collection Locationを選ぶ

→入国後、郵便局に”Biometric Residence Permit”というビザと同様に大事なIDカードを受け取りにいく必要があります。その受け取り場所を選ぶのですが、居住場所から近い郵便局を自動で表示してくれるので、そこに忘れずに取りに行きましょう。

④Application Centreと日程を選択

→日本では東京と大阪しか選択肢がありません。どちらかと、面接日時を選択します。

⑤Payment

申請料金とイギリスの保険制度へのお金の支払い。これを済ませなければ、ビザの申請ができません。クレジットかデビッドカードが必要です。私の場合、申請料金は49580円....

⑥指定した日に、VAF 9を印刷して、CASとその他の必要書類(Housingのconfirmation letterとか念のため)とともに、Application Centreに持っていく。指紋が取られる。完了。

 

【私がビクビクしたこと】

・印刷した後にVAF9に間違いがあることに気づいた!!どうする?

→間違った箇所に二重線を引いて、正しい文言をその横に書いた後、名前(多分パスポートと同じ署名)と日付を書けば大丈夫!私の場合は、結構色々な箇所間違えてたけど、それでもこのやり方でちゃんと通りました。

 

・VAF9に写真を貼る欄があるけど、写真ない!どうしよう!

→Application Centreで写真を撮ってくれるので、自分で写真を用意する必要はありません!

 

・Application Centreで提供されている様々なサービス、利用する価値ある?

→優先ビザサービス(28000円ほど追加でかかる)は渡航まで時間がない場合は使う価値あるかも、しかし申請書類確認サービス(1920円)は全く時間の無駄。自分で家でやったこと(UKVIのサイトを確認してCASがあるかどうか等の確認)と同じことをしてくれるだけです。内容に関する質問には一切答えてくれません。

私は郵送サービスと一緒に使ったので4000円近く取られた...お金が消えていく....

 

誰かラウンジサービス使ったことある方がいたら、感想教えてください...笑